BLOG

ブログ・挙式レポート

カテゴリー: 和婚あれこれ

 

12_jinjakon_0265

 

横浜神社婚をご検討中の新郎新婦様にとって

みなさんがきっと知りたい、

「挙式当日のスケジュール」☆

 

スケジュールは、お1組さまずつ

それぞれに即した時間割や順序で

丁寧にお作りしていきます◎

 

本日は 、”代表的な一例”として、

挙式当日のスケジュールを

ここで ご覧いただこうと思います☆

 

 

 

<挙式当日タイムスケジュール(ご参考例)>

 

9:30 〜   ご来店・お支度開始

9 : 45       お支度開始

〜11:30 サロン出発、挙式神社へ

12:00〜 ロケーション撮影(境内)

13:00〜 式次第や儀式について説明をご聴講いただく

13:30〜 挙式、挙式撮影

14:00〜ご参列者様と 家族写真撮影

14:30〜 サロンへ移動

15:00〜 サロンにてお着替え

15:30 ご退店

 

※こちらは一例です。ご成約後、
お客様に沿ったタイムスケジュールを
個別に作成いたします

 

 

こちらが、実際の神社婚「進行表(例)」です☆

 

jinjyakon_shinkohyo_

 

挙式の1日を、さらに詳しく 順に見ていきましょう!

 

 

▶︎まず神社婚サロンへご来店頂き

お衣装、ヘアメイクのお支度を整えます。

サロンには音楽が流れ、リラックスした

雰囲気でお支度を整えていただけます◎

 

▶︎お支度が整いますと、ご用意します移動車にて

挙式神社へと向かいます。

ご来店からお支度・出発までにかかるお時間は

おおよそ1時間半〜2時間をみております。

 

▶︎挙式神社到着後、ロケーション撮影を行います。

(撮影は、挙式前 または 挙式後のお時間にも

行う場合がございます。新郎新婦様の挙式等に

合わせてスケジュールを作成いたします)

 

▶︎撮影ののち、お控え室へと移動し、神社様より

挙式についてのご説明がございます。

ここで、儀式のお作法などしっかり教えて

いただき、少し練習もしていただけるお時間が

ございます◎

 

お作法は、当日のこの時間にお知りになり、

その後の挙式へ のぞまれる方がほとんどですので

ご安心ください◎

 

お控え室では、ご参列の皆様のご様子を撮影したり

新郎新婦様の撮影をしたり、ご家族でのお写真を

撮影したりと、挙式まで比較的ゆったりとお過ごし

頂けます。

 

▶︎挙式が始まります。

挙式は、おおよそ30〜40分間となります。

挙式中のお写真は、撮影可能な神社と不可の

神社がございます。

挙式神社さんへご自身でご予約いただく際は、

その点をお確かめの上ご予約くださいませ。

 

▶︎挙式が結ばれますと、ご参列の皆様全員での

家族写真を撮影致します。

 

▶︎その後、サロンへと再び移動しまして、お着替え

等ご準備をしていただき、ご退店となります。

こちらも移動とお着替え等のお時間含めまして

おおよそ1時間をみております。

(挙式後そのままのお衣装でご会食となる新郎新婦様も

いらっしゃいますので、それぞれの新郎新婦様に

合わせ、挙式後家族写真の後のスケジュールからは

多少の変動が生じます)

 

 

大きくは、1日が このような流れとなります◎

 

その多くは、ご来店〜挙式、ご退店まで

約6時間程度となります◎

 

 

挙式をなさる神社様によっても、

挙式開始時間、挙式撮影の可否、サロン間との

移動時間などが変わってまいりますので

こちらはあくまで一例です◎

 

 

神社婚の1日のタイムスケジュールを

ぜひご参考に、ご検討くださいませ☆

 

 

 

 

 

 

_0289_

 

2021年婚、2022年婚の皆様

おめでとうございます!

 

これからご結婚をひかえられるお二人には、

この状況下の影響が、きっと少なからず

あったかもしれません。

 

挙式をするかどうか、判断や選択をせまられる

こともあったかもしれません。

 

そんなお二人に、ぜひ今注目して

いただきたいのが、私たち「横浜神社婚」

です◎

 

 

私たち横浜神社婚は、ニューノーマル

ウェディングにも適応しています☆

 

もともと、神社で執り行われる神社挙式は、

列席できるのは親族のみの神社さんも多く、

ご両家のご縁を結ぶという意味合いが本来の為、

そもそもソーシャルディスタンスを確保された

儀式であるのです◎

 

横浜神社婚ならば、こうした状況下にあっても、

大切なご家族の皆さまと、

お近くの神社にて、挙式を執り行えます◎

 

 

その上、神社挙式には 素晴らしい点が

あります☆

 

純白の白無垢、奥ゆかしくお顔が見え隠れする

綿帽子・・・☆

 

神社挙式をなさる多くの新婦様がお召しになる

白無垢に綿帽子のその花嫁様は、

日本らしく・奥ゆかしい光景です◎

 

また、

儀式の一つひとつが ご両家のご縁を

結ぶという意味合いを含み、とても神聖で、

このような今だからこそ感じていただける

ものがきっとあると思います◎

神社挙式をなさると、

さらにもう一つ素晴らしい点があります◎

 

それは、

「挙式なさった神社は、いつまでも

何度も、節目ごとに再び自由に訪れる

ことができる」ということです☆

 

私たちが生まれるより昔からその存在して

いる神社は、いつまでも受け継がれていく

場所です。

 

将来においても、初詣やお宮参りなど、

お二人とご家族の節目ごとに  いつでも何度でも

再びこの挙式された神社へと かえってくることも

できるのです☆

 

二人で歩む人生の始まりの場所が

ご家族の節目の場所としても

末永く繋がりを持っていく・・・

とても素敵なことではありませんか?

 

挙式場ですと、なかなか自由にいつでも

というわけには行きませんが、

神社ならいつでも訪ねることができますね◎

 

 

ニューノーマル・ウェディングにも適応し、

日本の、神社婚・和婚の良さを感じられる

横浜神社婚に、ぜひご注目ください

 

横浜神社婚では、

神社様へのご予約手配をご自身で

お願いしましたあとは、

198,000円(税込217,800円)の

プランひとつで当日に必要な物・事が

全て揃います◎

 

ご相談も承りますので

お気軽に お声かけくださいね◎

 

https://www.yokohamajijinjakon.jp/contact/

 

 

 

 

一生に一度の花嫁姿☆

 

そんな大切な機会のお衣装選びに

参考となる「まめ知識」をお届け

致します♪♪

 

なかでも今日は、

「似合う色打掛選び」について

記してみようと思います☆☆

 

色鮮やかなお着物選びは難しく感じる

方もいらっしゃるかもしれませんが、

皆様にも参考にしていただける選び方

をお伝えします!

 

 

まずは、お好みの色柄を3タイプ選んで

下さい♪♪

 

 

その後、 お衣装合わせにお越しいただき

ましたら3着を羽織り、試しながら

「お顔うつり」をお鏡の前でチェックして

みて下さい♪

 

その際のポイントとして、「普段お洋服では

ご自身で選ばないお色味が意外とお似合い

だったりする事がとても多い」ので、スタッフ

や新郎様、ご同行して下さるご家族様のお声も

ぜひ聞いてみて下さいね♪♪

 

 

つづいては、

特に人気の各お色味の色打掛について注目

していただきたいポイントを以下に挙げて

みます☆

 

<< 赤系>>

赤地×金の組み合わせが多く、華やかでお顔

まわりを明るくみせてくれる長所があります☆

 

<< 黒系 >>

黒地×金がふんだんに使われていて、モダンで

高級感があります☆

シックで落ち着きある印象に見えます◎

 

<< ピンク系 >>

洗練された色味は、とても愛らしさを際立て

ます☆

このお色味は、普段シックなお色みのお洋服を

好んでお召しになる新婦様には、意外な発見が

あるかもしれません◎

さらに、新郎様が黒色の紋付羽織袴なのでお写

真で見た時に、お二人とてもバランス良いお色

味かもしれません♪♪

 

 

当日、お鏡の前で色打掛の奥深さを、ぜひ肌で

感じてみて下さいね!

 

ご参考になりますように☆☆

 

_0Z3A2602_

 

 

 

 

 

 

 

 

新郎新婦様からの「よくあるご質問」をもとに、

神社婚に関する疑問にブログ上でも

お答えしていきたいと思います☆

 

 

それでは

本日解決する【よくある質問】!!

 

 

現在 遠方に住んでおりまして、

  その場合は 横浜神社婚 挙式の準備は

どう進めたら良いのかがわからず…

  遠方なので 当日まで来店することも

できません。

  それでも挙式は可能ですか?」

201704_jinjakon_0097

 

 

 

【お答えしましょう】!!

 

 

「はい 可能です◎

 

事前のお打ち合わせや疑問点、ご質問は

主にメールで しっかりと対応してまいります◎

 

海外にお住いの方の時差や お仕事でお忙しい方にも

文字でしっかりと残るメールなら 安心ですね!

 

お電話やビデオ通話にて 疑問点にお答えする

ことも可能です。(受付時間 10:00〜19:00)

 

 

お衣装に関しましても、事前にご来店

出来ない場合は、メールにてご連絡を

取り合い、候補を3点ほど事前に選んで

いただいておいた上で、挙式当日に

実際に羽織りながらお選びいただきます☆

 

挙式の前日に サロンに少しお寄りいただいて、

お選びいただく方も 多いです☆

遠方や海外にお住まいの新郎新婦様でも

安心して ご検討くださいませ 」

 

 

ご参考になりますように!

 

 

 

 

 

横浜神社婚に必要不可欠な「和装」☆

 

これをお召しになる上で  必ずと言っても良いほど、

その色や柄に注目して当日のお衣装を選ばれる事と

思います☆

 

着物の文様には、全て「何らかの意味が込められて

いる」ので、その意味をご存知ですと、より

お衣装選びも楽しくなります♪♪

 

そこで今日は、文様をひとつ ご紹介致します☆

 

文様の中でも、とりわけ”おめでたい”文様に

吉祥文様」と呼ばれるものがあります☆

 

 

本日は その中でも 「」の文様について ご紹介します◎

 

 

 

__umeshoukaku

 

 

鶴は、私たちにとって馴染み深い文様でも

ありますね!

どんな模様か、どなたもすぐに想像できる

絵柄です☆

 

婚礼のお衣装には 鶴文様が 本当によく

使われています◎

それはなぜなのでしょう?

 

鶴は、「延命長寿の象徴」とされています☆

 

「鶴は千年、亀は万年」と言われるように、

長生きを象徴するのです☆

そしてまた、鶴は生涯つがいで生活する事から

「ご夫婦仲睦まじい姿の象徴」でもあります☆

 

このような縁起のよい意味合いを込めて、

そして、品格にあふれたその美しい姿から

多く用いられてきたのだそうです☆

 

同じく吉祥文様でもある 松や亀、瑞雲などと

組み合わせられている事も多いです☆

 

こうした鶴の中でも頭頂部が赤い「丹頂」は

日本を象徴する美しい鳥であり、婚礼衣装には

特に多く見られます☆

 

色打掛だけでなく、白無垢にも 鶴文様が

たくさん用いられていますよ☆

 

 

_umeshoukaku

( 横浜店衣装 梅翔鶴 )

 

 

 

文様には、縁起の悪いものは存在しません☆

 

様々なものを具象化して意味を見出し、人々は

それを文様として お着物にその想いを込めました◎

 

その文様と秘められた想いには日本人の感性・

美意識、また時に、日本語ならではの”言葉の

遊び”も存在しています☆☆

 

和装には、魅力がいっぱい詰まっています♡

ぜひ実際に羽織ってみてください☆

そして、文様にこめられたその意味を 感じて

みてくださいね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

一生に一度の大切な晴れの日☆

 

だからこそ、晴れ姿をより一層輝かやかせ、

楽しんで頂く為に和装の際の「立ち方」に

ついて 伝授致します☆

 

色打掛や白無垢など普段着慣れないものを

お召し頂いている為、当日は体の動かし方も

いつもとは少し違ってきます☆

 

 

jinnja_0092
(イメージ)
(お写真のお衣装やロケ地は 横浜神社婚の対象ではありません)

 

 

和装をお召しになられた時は、体の線がまっすぐに

なるよう おへそのあたりに力を入れて 立ってみて

下さい

 

そしてあごはやや引き気味に、肩の力を抜き、

腰を少し引き気味に立つと美しく見えます☆

 

そして足の親指付け根に体重をのせる(体重が

やや前にある感じの)イメージで 立ちます☆

 

また、新郎様とお二人並んで立つ時には新郎様側の

足を少し後ろに引き、反対側足に体重をかけます

 

すると身体が自然に新郎様の方を向く為、寄り添って

いる感じが より出ます☆

 

お一人で立つ時にも、少し片足を引くのが基本とされます☆

 

無理に胸を張る必要はありませんがお着物は、姿勢が

ゆがんでいると目立ってしまうものです。

 

 

 

沢山の方々の祝福に包まれ見守られる挙式当日☆

 

一瞬一瞬を多く残そうとカメラのシャッターを押す

皆様の手も止まることはありません。

お写真を多く撮影する日でもあります☆

 

新郎新婦様にとってもご参列の皆様にとっても、

これからずっと大切に残されていくお写真☆

 

その晴れ姿がより一層美しくあって頂けたら

嬉しいです◎

 

もちろん私たちが撮影させて頂く際には、

カメラマンからも美しく見えるポージングなど

簡単なアドバイスも随時させて頂きますので

お任せ下さいね♪

 

 

ぜひご参考にしてみて下さい◎

 

 

 

 

 

 

神社婚花嫁様へ ご参考になる

ヘアスタイルを ご紹介したいと思います♪

 

 

本日のスタイルは こちら!

 

 

 

 

大人っぽく、かつ、ちょっぴり抜け感を意識した

かっちりしすぎない毛流れや ふんわり柔らかさを

残した まとめスタイル♪♪

 

 

襟足のボリューム感やシルエット、

サイドの毛流れや立ち上がりも ポイントです◎

 

衣装の色味にリンクしたへアクセサリー使いも

粋ですね♪

 

 

今っぽさと クラシックさが同居する

和婚花嫁様にぴったりのスタイルでは

ないでしょうか♪♪

 

 

 

ヘアスタイルのご希望がございましたら

お申し付け下さい☆

 

画像や切り抜きなどをご持参下さる新婦様も

たくさんいらっしゃいますよ*

 

 

事前にリハーサルを行いたい方には

ヘアメイクリハーサルも可能です(別途有料

 

 

 

ご参考になりますように☆

 

 

 

 

 

 

横浜神社婚をご検討いただいている新郎新婦様

および 横浜神社婚をご利用戴いた

新郎新婦様からの よくあるご質問をもとに、

「神社婚」に 関する疑問に

ブログ上でもお答えしていきたいと思います☆

 

それでは本日解決する【よくある質問】!!

 

 

【質問】

「和婚と言えば、かつらのイメージがあります。

でも、かつらではなく“洋髪のヘアセット”が

したいです。洋髪も可能でしょうか?」

 

 

 

 

【お答えしましょう】!!

 

「はい、洋髪のヘアメイクは可能です☆☆

 洋髪で挙式にのぞまれる新婦様も

 たくさんいらっしゃいます

また、洋髪でも 綿帽子のご着用が 可能です☆

ヘアスタイルのご希望イメージがございましたら

参考の画像 及び切り抜きをご持参下さい◎

なりたいイメージを美容スタッフと相談しながら

ヘアスタイルを作り上げていきましょう♪

ご希望のかたには、ヘアメイクリハーサルの

オプション(有料)もございます◎

 

ご参考になりますように 」

 

 

 

_0181

 

 

 

 

神社婚花嫁様のご参考に

ヘアスタイルを ご紹介したいと思います♪

 

 

本日のスタイルは こちら!

 

「ふんわり抜け感ガーリーな 愛され花嫁アップスタイル☆」

 

 

 

< フロントスタイル  >

ふわっとねじったやわらかな前髪

ふんわり高さを出した トップ

サイドに ぱっと目を引く かわいげ

フラワー&チュールが◎!

 

201901_0Z3A1696

 

 

 

 

<サイド>

お衣装の色掛下ともカラーリンクした フラワー

高さのあるトップと バランスよくまとめた

ふんわりボトム

201901_0Z3A1739

 

 

 

<バック>

後ろから見ると 見える、逆サイドのフラワー

デコレートが GOODバランス◎

毛流れを意識したウェーブが出るよう、毛束を

上品にほんのり引き出して あか抜けます

201901_0Z3A1731

 

 

 

<全体>

この洋髪スタイルでも 綿帽子の着用は 可能

です◎

和装でも ゆるふわ味付けのガーリーなヘアで

装えば、スイートな愛され抜け感ガーリーな

花嫁様のできあがり♡

201901_0Z3A1748

 

 

 

ヘアスタイルのご希望がございましたら、

お申し付け下さい☆

画像や切り抜きなどをご持参下さる新婦様も

たくさんいらっしゃいますよ!

 

事前にリハーサルを行いたい方は ヘアメイク

リハーサルも可能です(別途有料

 

ご参考になりますように♪♪

 

 

 

 

 

 

_0205-2

 

和婚、なかでも神前式は、1900年に

始まります☆

 

時の大正天皇が 日比谷大神宮で挙げられた

結婚式(ご婚儀)が 私たち民間にも

取り入れられ 広まっていきました◎

 

神前式は、厳かで格式高く日本人らしい

伝統的な挙式のスタイルです☆

 

神道の教えに基づいていて、

三三九度の杯を交わし(三献の儀)、

玉串を神様に捧げ、ご結婚を 誓います☆

 

 

 

神前式は、所縁のある有名な神社、お近くの

神社でも挙式が可能です☆

 

横浜神社婚では、ご希望の神社さんへの

挙式ご予約は ご自身でお願いしております。

 

事前にお調べいただき、お出かけも兼ねて

実際に訪れていただくのもよいかもしれません◎

雰囲気も確かめることができます◎

 

 

 

そして

和婚=神前式といえば、白無垢や振り袖、

紋付袴などの和装☆☆

 

どれも 年齢や体系を意識することなく

華やかな婚礼衣装で 幅広い方にお召し

いただきやすいのも嬉しいところ♪

 

神前式には、「式中の儀式が難しそう、

全く知らない・わからない!」という

お声も よく耳にします☆

お気持ち、とってもわかります☆

 

でもご安心ください!

事前に必ず動きやお作法の確認・

練習が行われます☆

 

さらに、式中も巫女さんや介添え人さんが

しっかりとフォローしてくれますよ◎

もしもの時は そっと合図を送れば そっと

教えて下さいます◎

 

これで またひとつ 神前式が ぐぐっと

近づいてきませんか?♪♪

 

 

 

もう1点気になるのが、料金面☆

 

神前式では、神社さんへ 初穂料

または玉串料を 納めます☆

これが「挙式料金」となります☆

 

儀式で使用される道具など必要な費用が

すべて含まれています。

 

これは、「結婚を見届けてくれる

神様への捧げもの」として払う

お金のことです☆

 

初穂料または玉串料は 各神社さんへ

直接お問い合わせくださいね☆

 

 

この挙式料金と、

「神社婚プラン料金198,000円(税抜)」 とを

合わせた金額を 「総費用」として

お考えいただくとご理解いただけると

思います☆

 

横浜神社婚プランは、お衣装から

当日のアテンドや着付・ヘアメイク、移動車、

当日の写真撮影、写真集まで付き、当日に必要な

ものを網羅したパッケージプランです☆

 

お衣装のランクアップ料金もなく、お写真は

全データのお渡しとなるため、このプラン料金

のみで 神社婚を叶えていただけるように

なっています☆

 

ご要望・ご希望に沿って、オプションも

各種ご用意しておりますが、プラン料金で

十分実現していただけます☆

 

 

初穂料の 初穂(はつほ)とは、神様へのささげ物と

なる稲や穀物などの農作物のことを指し

玉串(たまぐし)は 神と人をつないでくれる神具を

指します。

 

これらのお金は のし袋に入れ、神社さんへ

お渡しくださいね☆

 

 

 

厳かな雰囲気に包まれて執り行われる神前式☆☆

 

日本に生まれた私たちだからこそ、

大切に、そして伝統を肌で感じたいですね!

 

神聖なあの空間の中では、お二人の絆や

ご両家の結びつきを しっかりと意識して感じて

いただけると思います☆

 

また、この挙式神社に、初詣やお宮参り、

七五三などなどこれからの節目ごとに参拝する

ことができます☆

 

神社とともに ご家族の歩みを刻んで

いけるでしょう☆

 

 

神社婚を知り、神前式を より近くに

感じていただけますように・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

News

2020.11.01

12/28〜1/3は冬季休業期間とさせていただきます。

2020.04.07